現代において、若者からご年配の方まで、多くの人が一人一台スマホを持つ時代になりました。スマホの普及によって、消費者の購買活動にも変化が起き、さまざまな企業が店舗アプリを開発して、ユーザーに利用してもらっています。

ここでは、店舗アプリが広告宣伝活動にもたらす大変革について解説をしていきます。

●店舗アプリの普及によって、広告宣伝活動に大きな変革が起きた

*Online to Offlineとは?

スマホの台頭により、インターネットを利用して、店舗から発信する情報に対して、消費者が購買に至ったり、行動様式が変わったりなど変化が起こっています。

これらは、Online to Offline(O2O)と呼ばれており、インターネット上のオンラインと現実の世界であるオフラインが融合することで、お互いに影響を及ぼすということを指します。

実際、店舗アプリではクーポンの配布が容易に可能ですが、クーポンの利用履歴など、簡単に追うことができ、広告宣伝の効果測定もかなり容易になりました。

そのため、専門知識を要するマーケティングリサーチといったアクセス解析などの作業も必要ありません。

*スマホを持っている人の半数以上が店舗アプリを利用している

O2Oの市場ですが、今後もさらに拡大していくことが予想されています。スマホを保有している人の中で、店舗アプリを利用している人は、半数を超えているというデータもあります。

この背景として、スマホを持ったら自分好みのアプリをインストールするのが当たり前となり、店舗アプリ自体使い勝手もよく利便性の高さから、O2O市場が拡大の一途を辿っているといえるでしょう。

また、店舗アプリサービスの利用者の年齢層を見ると、一見若者だけがよく利用しているのかと思う方も多いかもしれませんが、50代の利用者は男性で44%、女性で53.1%と比較的高い利用率が出ています。

20代の男性が65%、女性が68%となっており、20代に比べると利用者は少ないですが、それでも50代の利用率は高い水準をキープしているといえるでしょう。

また、若者もご年配の方にとって、ポイントやクーポンといった買い物に関わるお得な情報を求めているという点は共通しますが、年齢が上がるにつれて、価格ではなくライフスタイルや価値観を重要視する傾向にあります。

●まとめ

店舗アプリは、多くの企業が開発を進めており、広告活動に大きな影響を与えているといっても過言ではありません。店舗アプリを利用するユーザーにとって、次回使えるクーポンがもらえたり、ポイントを貯めることができたりなど、多くのメリットを享受できるため、ユーザーと店舗でWINWINの関係を築けているともいえるでしょう。